2011年04月20日

桜ひらひら

こんにちは、井手(妻)です。

桜、きれいでしたね。
ひらひら舞い散る様も、花びらのじゅうたんも、葉桜の新緑も。
いわきでは先週の金曜から週末にかけて満開だったそうです。
被災地にいる皆さんが少しでも桜の花に癒されますように…。
きっと日本全国で、世界中で、桜を眺めている皆さんが
同じことをつぶやいていらっしゃいましたね(^^)

ブログをみて応援してくださっている皆様、
物資や「今ここでたすけあう基金」にご寄付くださった皆様、
様々な情報を提供していただいたり、ボランティアを申し出てくださったり、
沢山の皆さんから後方支援をいただき、本当にありがとうございます。

なかなか思う様にレポートが更新できずごめんなさい。。。m(_ _)m

先週は4月11日(月)と15日(金)に現地入りしておりました。

いわきへも炊き出しや様々なボランティア活動をしに現地入りして
くださるチームがかなり増えております!!

被ばく経験のある長崎県からも、各避難所に数名ずつ派遣スタッフ
の皆さんが入ってくださっております!

被災地では、避難所から自宅に戻った皆さんが、ご自身の家や身の回りの
整理が落ち着くと、帰る家がなくなり今だ避難所生活を送っている地元の
仲間のために、炊事や洗濯のお手伝いにきてくださるお母ちゃん達がひとり、
またひとりと増えてくださって…(嬉涙)。そんなわけで、炊き出しのボランティアが
ない日でも、レトルトや缶詰だけでなく、母の味のおかずをいただける回数が
増えてきております!そして、それをヘイコーの避難所だけでなく、他の
避難所のみんなのもとへ届ける動きが進んでおります!!自治体や外部
ボランティアに頼るだけでなく、地元の皆さんがお互いに助け合って生活を
整えていく動きをお手伝いできる喜びはひとしおです。

今週からは学校も本格的にはじまりました。子供たちも頑張っております!

働き盛りのお母さんお父さんたちは、みなさん避難所から出勤しております!

一日二食の配給のうち、一食が菓子パン、もう一食が冷たいごはん…でしたが、
菓子パンがなくなり、二食とも炊いたごはんが届くようになりました!!
いまココチームがお届けしたでっかい保温ジャー(4升4合タイプ)が大活躍で、
仕事で帰りが遅くなる方も、朝ごはんも、みんなあったかいごはんが食べられる!
それがなにより嬉しい♪と、喜びの声をいただいております。

かなり逼迫した状態の時から現地入りしていた井手と大沢さんは、
日に日に前進していった避難所の様子を自分の目で確かめ、やっと先週、
自分たちが現地入りする回数を少しペースダウンしてもよいと思えたほど、
避難所の状態もよくなり、炊き出しやボランティアの数も増えてきてくださった
とのことでした。

被災地の様子を心配してブログの更新を心待ちにしてくださっている皆様、
なかなか思うように更新できず、本当にごめんなさい。どうか許してくださいね。

あまりにも突然に色んな事が同時進行で行なわれてきているために、
被災地優先、健康管理優先、そしてこの一ヶ月あまり自分たちの仕事や
家族の時間をあと回しにして多少無理をしてきた分、それらのケアや
今後の長期的な支援体制へとシフトチェンジするべく、現地入りする
チームの拡充やそのための情報収集&伝達などなど…。

被災地の方だけでなく、私達のことまで気遣ってくださった皆さま、
どうもありがとうございます m(_ _)m いまココチーム健在です♪
今後はお身体さまとお心さまの充電もかねてお休みの時間もとらせて
いただきつつ、自分たちができることをコツコツと続けてまいります。

井手が言っておりました、、、


あなたを助けることは 自分を助けること

あなたを想うことは 自分を想うこと

あなたを愛することは 自分を愛すること


彼の真情であり行動力の源だと思います。

様々なチームのみなさんと助け合いの輪も広がりつつあります!

そして晋ちゃん、いっちゃん、毎日信じられないぐらい多忙で大変なのに、
ブログ更新してくれてありがとう。(T^T)

つらいことも、苦しい事も、そして助け合える喜びも、このブログで
ご縁のある皆様とともに分かち合ってゆけたら幸いです。

そんなわけで、携帯が恋人のようになっている井手にかわって(笑)
取り急ぎ今回は井手(妻)がざっくりとご報告させていただきました。

最後に411と412に再び起きた震度6弱の地震によって、物理的、肉体的な
ダメージもさることながら、精神的なダメージが大きかったように思います。
どうか、みなさまのお心さまとおカラダさまが少しでも休まりますように…。
たんぽぽの花が「だいじょうぶだよ」って微笑んでくれますように…。
posted by いまここ at 17:03| 福島 ☁| Comment(3) | しほレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

余震と人災

皆さんこんばんわ。

現地在住の泉です(晋也妻デス)

激務に追われ、なかなか現地レポートが出来ずにおりました。。

311大震災から一ヶ月が過ぎましたが、晋也レポートにもあるように
ここに来て大きな余震が続いています。
震源は福島県浜通り、勿来(なこそ)地区から茨城県北茨城市にかけて
あるようで、大きな津波が来ないだけましですが、直下型の破壊力にみ
んな恐怖を感じています。

震源に近い地域では余震で家が半壊してしまったり、津波の恐怖から
住み慣れた土地を離れる人も多いようです。

実際、津波警報が出るたびに夜中でも朝方でも飛び起きて避難しなけれ
ばならず、片づけて、直して、また壊れての繰り返しに、復興への活力
を持続出来なくなっている人も多いと感じています。

震災 (4).JPG
4月11日・12日の余震でまたこんな感じに・・・(@会社)

震災 (56).JPG
さすがに懲りて、、紐やガムテープで地震対策を施しました!


もうひとつ、最近になってガツンとダメージを受けている事があります。

前にもお話しした様に、私の勤めている社会福祉法人には、原発20km
圏内に事業所があり、職員も、障がいを持つ利用者さんも、大震災以来
ふるさとを失ったままの状況です。

怖いニュースが流れていても、自治体が壊滅してしまっていても、みんな
「いつかは家に帰れる!帰ったら、頑張って町を復興しよう!」
というモチベーションを持ち続けており、誰が何と言おうと、多少現実
から目をそむけたって、それが彼らの希望でした。
私自身も、放射線に関しては殆ど意識せずに生活していましたし、その
得体の知れないモノに対して怒りはありましたが、恐怖は感じておりま
せんでした。

ところが最近、悲しい出来事やニュースが耳に入ってきました。
それは、風評被害というより差別と思えるような出来事です。

 ・いわき(福島県)ナンバーの車で茨城のスタンドに給油に行ったが、
  福島県の車は被曝しているかもしれないという理由で、給油しても
  らえなかった

 ・楢葉町から県外に避難している一家の子供が避難先で小学校に転入
  したが、「放射能」を理由にいじめられ、どこにいっても同じと
  福島県内に戻り、避難所で暮らしている
  
 ・いわき市から県外に避難した方が、歯医者の受診を断られた
 
 ・(これはニュースで知りました)
  某市・市長が福島県内の津波で残ったがれきなどの処理を申し出たが
  放射性物質に汚染された福島のゴミを市内に持ち込むなと、市民から
  苦情が殺到した
  
どれも、噂ではなく知り合いの実体験です。    
私はこのブログを通じて、とにかく感謝の思いを伝えていきたいと思って
いましたが、正直心が折れそうでもあり、せっかく支援して下さっている
みなさんを悲しい気持ちにさせてしまうかもしれませんが、何が正しいの
か、今は答えが見つからずに報告させていただきました。

え?私たちって、危険なの?
福島の外に出たら、そんな目に遭うの?

利用者さんたちは特に、敏感にそんな空気を感じ取っています。
考えも及びませんでしたが、そうだとしたら、放射能より怖いです。


ネガティブな報告になり、申し訳ありません(汗
上記の話はごく一部であり、その何倍もの人たちがたくさん、たくさん
一緒になって助けてくれている事は、もちろん忘れてはいません!!
その感謝の気持ちがパワーになって、私を動かしてくれます!

PS.まったく関係ないですが、九州新幹線全線開通のCMを何気なく見て、
とても元気がでました。九州の方々が新幹線に向かって手を振り、踊り、
ジャンプし、ばんざいしている様子を車窓から映したもので、そのあまり
にも平和で嬉しそうな笑顔の数々が、この一ヶ月ほとんど見ていないモノだと
気づきました。
元気がでます。よろしかったら(笑)
http://www.youtube.com/user/shuku9wave
posted by いまここ at 02:04| 福島 | Comment(0) | 泉 レポート(現地在住) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

あと何回・・・?

おはようございます。晋也@いわきです。

昨日までにかなり大きな余震が続けて2回・・・。

3/11の本震に比べれば、揺れてる時間は短かったものの、
強さは本震に匹敵するものでした。

今のところ、自分の住む所では電気・ガスは正常です。
水道もチョロチョロとですが出ています。しかし、いつ止まるのか・・・。

家も会社も揺れては直し、揺れては直し・・・。
水道だって、いろんなお店だって同じだと思います。
あと何回続くんでしょう?知ってる人がいたら教えてください・・・。

今は2歩進んで3歩下がる状態ですが、少しずつでも前進しなくては。
全国の皆さんからいろんな声援・支援をもらってるのに、当事者の我々が下を向いているわけにはいきません。

今日も頑張っていきましょう!
posted by いまここ at 07:15| 福島 | Comment(1) | 晋也 レポート(現地在住) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

予定変更

こんにちは。

いまココの井手です。

皆さん昨夜は大丈夫でしたか?

昨日僕は、今週末に被災地へ支援に行きたいという方に
現地の現状と僕なりの支援ノウハウをお伝えしておりました。
ただ、彼らが向かう先が原発からたった21kmという場所で
(福島県相馬市)さすがにそこに行く為の装備は
ある程度行なった方がいいので、その情報をさらに調べている
最中でした。

地震後すぐさま、宮城、岩手の義援チームに連絡を試みましたが
全く繋がらず、今朝になって岩手のチーム浅井が繋がりました。

その情報によると、広範囲で電気が止まりあちこちで不具合が
発生しているそうです。

110408_0952~01.jpg

写真はその浅井氏より送られてきた、岩手県岩手市岩手郡
にあるスーパーでの模様(10時現在)

前回の教訓で、物資が不足するのは目に見えているので、
それを、不安に感じた住民がスーパーなどの店舗に駆けつけ、
長蛇の列だそうです。

せっかく復興に向けて動き出していただけに、今回の
余震の影響は大きい! 原発はなんとか大丈夫みたいですが
前述の自宅待機範囲で暮らしている人達は、かなり不安度数が
高まっているようです。

普段通りの生活が戻りつつあった我々としては、
今回の余震が一過性のモノではない事を、まずは認識しなければ
ならないようですね。

そんなわけで、朝一でいわきに行く予定でしたが、ちょっと
物資の再調整を行う必要が出て来たので、それに走ります。

こんな時、皆さんからお預かりした義援金が役に立ちます!
ありがとうございます!

義援物資/義援金に関しては後程ご報告するべく現在まとめて
います。

今日届けようと思っていた一部の紹介です。

ドリル.jpg

これは避難所にいるお母さんたちからのリクエストで小学生の
娘・息子たちに、復習のためのドリル(懐かしい響き!)を
調達してきてほしいと。どんな時でも母が子を守り育てる力は
たくましく、勇気をいただきます。 

もう学校が始まるんですよね〜。

ちなみに、これは12人の小学校3年から6年生までの分です。
(情報つないでくれた中島さんありがとう!)
ちびっ子のみんな、もうちょっと待っててね!

311から自分たちの持ち出しでなんとかやっておりましたが、
今後はこうした現地からのリクエストにお答えしたり、炊き出しや
その他あらゆる支援活動のための資金として義援金を使わせて
いただければと思っております。

今までにも、現地からリクエストのあった食材や調味料、大きなやかん、
魔法瓶、冷たいご飯を保温する四升四号はいる保温専用ジャーなどの備品や、
石油缶、ポリタンク、それらに入れてなんども運んだガソリンや灯油などを
購入してきたのですが、皆様からお預かりしたお金をそうした支援金に
使わせて頂ければと思っております。

いまココにおわたししてくださった皆様、このようなご円(ご縁!)の
使い方でよろしいでしょうか?!

今後とも何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m
posted by いまここ at 10:37| 福島 ☁| Comment(2) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

戻りました

こんばんわ。

いまココの井手です。

なかなか更新できずにすいません!

4/3(日)早朝に出発し、4度目の現地入りをしておりました。

2日から現地入りしてくださった中島さん、安田さん、
刻一刻と変わる現地の状況にも柔軟に対応して頂き、
どうもありがとうございました。めちゃくちゃ頼りになりました!

そして大沢さん、中村さん、塩谷くん、本当にお疲れさまでした!
これから一番必要になるのは、まさに「人の手」だと確信しました。

木澤さん、今回も米炊きやしほのサポートなどなど本当に縁の下の
力持ちになっていただき、どうもありがとうございました。

シモヤン、いっちゃん、お義母さん、お義父さん、被災地での
自分たちの生活も大変なのに、色々とありがとうございました。
みなさんの頑張りには頭があがりません!

おかげさまで、いわきの避難所や町の様子もだいぶ前進しております!
今までは逼迫した状況にある現地への対応優先で動いておりましたが、
あらためて、今後のためにも今までの活動レポートを更新したいと
思っております。

昨日東京に戻ってからも、某会社のスタッフミーティングによんで
いただき、お話させていただきました。
自分にできることで何かしたい!という想いを皆さんがお持ちで、
こうした私達一人一人の想いが今の日本を、これからの日本を
支えていくのだと確信いたしております。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

そして、陰ながらご協力・ご支援くださっている沢山の皆さまへ、

本当にどうもありがとうございます!m(_ _)m

お一人おひとりにお礼を申し上げることができず、すいません!

みなさんの真心を1人でも多くの被災地の皆さんへ届ける事が
できるよう、精進いたします。

取り急ぎ、ご連絡まで、、、

PS 当日の朝までせっせと物資の仕分けをしたり、ひたすら
玄米を炊いてくれた妻と子供たちに感謝!ありがとう。
posted by いまここ at 20:43| 福島 | Comment(3) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

北茨城でガソリン満タン!

こんにちは。晋也@いわきです。

今日は、お隣茨城県北茨城市にある、いつも大変お世話になっている知り合いの家に行ってきました。
茨城県北部もあまりメディアのスポットは当たっていませんが、
沿岸部では津波の被害や家屋の損壊などの被害を受けています。

今日のAM10:30くらいに6号線を通って北茨城市に入りましたが、
ほとんどの店は普通に開いていました。
ガソリンも全く待たずに、満タン給油できました。
私の印象では、いわきよりも復旧が進んでいるように思えました。

その後、知り合いの家でお互いの被害状況や現況を報告し合い、
少しだけ後片付けのお手伝いをし、夕方にいわきに戻ってきました。

いわきでも以前に比べれば多くの店が開いており、
ガソリンスタンドも全て営業しているわけではありませんが(感覚的には3割くらいが営業している感じ)、
営業中のガソリンスタンドでは待たずに給油できているようでした。

皆さんのおかげで、いわきも確実に復活してきています。

ただ、井手さんのマイノリティ・リポートにあるように、
避難所の皆さんはまだまだ大変な思いをされていますし、水道もまだ復旧しない地域も残っています。

一日でも早くみんなが元通りの生活に戻れますように・・・。

posted by いまここ at 19:21| 福島 | Comment(4) | 晋也 レポート(現地在住) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント出演してきました

こんばんは。

いまココの井手です。

先ほど渋谷エイジアで開かれている『MADSKIPPERS@club asia』
に出演してきました。

出演と言っても、ただ皆さんの前で話をさせて頂いただけ
なんですが、なんかキンチョーしてうまく話せなかった。。
だめですね。 元々裏方気質なせいか、人前で話すのはね〜。。

CA3C03590001.jpg


でも、いわきが大変な状況である事だけは伝えられたと思います。

この企画プロデュースのツヨシちゃん、ありがとう!
つなげてくれたVJのTOOWAUちゃん、ありがとう!
オーガナイザーの鈴木さん、ありがとう!

そして、遠い海の向こうから縁をつなげてくれたTETSUありがとう!


でも不思議だったのは、あの大音量の感じがとても
心地よく感じられた事。 知っていたけど、何かが
似ていると思ったのは、実は地震の時に感じた地響きでした。

空気が震える感じとか、震動とか、感じる衝撃が
なんか似ている気がしました。

しかし、ここでの音の方が遥かに心地よいのは言うまでもないです。

世の中自粛ムードが漂っていますが、内観するという意味での
自粛はタイミング的に必要な時もありますが、本来人間は
楽しむ事をその本能として持っているはずです。

それは色んな楽しみ方あると思いますが、今回参加して
クラブイベントが純粋に楽しい(音や映像が)モノだと
改めて実感出来た部分がありました。 僕ですらそう思える
のですから、ましてや20代の力を持て余した若者達は
もっと遥かにその感情を内に秘めているはずです。

現場に行って分かった事。それはサバイバルする為のライフライン
の確保は絶対必要だけど、その後のメンタル面でのケアも
極めて大事です。

特に若者の割り切れない感情やエネルギーをどこかで消費
させる仕組みはいつの時代でもありました。
こういうイベントが、その中でターゲットとしてはある程度
限定されるかもしれませんが、そのパッションを満たすもの
だとしたら、それはそれで必要なハード&ソフトなのでは?


今後こういうイベントの力も被災地の若い人の
エナジーの発散する場所として必要だと感じました。
posted by いまここ at 05:54| 福島 | Comment(2) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日とおわたし

みなさん、こんばんわ。 いまココの井手の妻です。

この度は沢山の皆様にご支援いただいて、想いをいただいて、
本当にどうもありがとうございます。
こんなふうに言葉にしてしまうのがもったいないくらい、
ふかくふかく、、、感謝いたしております。

4/1の22時過ぎに被災地いわき市の沿岸部にいる父から、

やっと水道が回復しました。
これほど水が大切だと思ったことはありません。
今後もこの気持ちをもち続けようと思います。
ありがとう、ありがとう。

と連絡がはいりました。

311の地震と津波から21日目。
いわき市の中でも被害の酷かった沿岸部でかろうじて家がのこった部落にも、
やっと電気、ガス、水道のライフラインが復旧しはじめました。
10日前の時点では、水道は4月末復旧のメドときいておりましたので、
いわき市にも人が戻り始め、みなさんが全力で頑張ってくださっている
のだと痛感いたしました。本当にご苦労さまです。ありがとうございます。
そして、残り30%弱の断水地区にも一日もはやく水が戻りますように…。

ライフライン…
文字どうり「命の綱」
今の私達にとってはあまりにも当たり前だったこの命綱を
ある日突然たたれてから今日までの3週間を振り返ると、
まるで映画の中にでも生きている様な日々でした。

大切な人を失ってしまうかもしれない恐怖…
とりかえしのつかないことになってしまうかもしれない恐怖…
余震の続く日々…
母校や親戚や友人の家がなくなってしまった…
現地ではライフラインをたたれ、食料もガソリンも底をついて…
東京ですらガソリンも保存食も手にはいらない…
親友とその家族がいわきで窮地にたたされている…
人々が原発の恐怖に逃げまどう地へ父と夫を送り出すとは…

今ふりかえれば、心臓がいくつあっても足りない様な
非日常の時間を過ごしてきた日々でしたが、
そんな中で0才と3才の子供に話しかけながら
何度も何度も自分に言い聞かせていた言葉たちを
皆様にお贈りいたします。感謝と祈りをこめて…


*****************************************************

だいじょうぶ
だいじょうぶ


「とりっこ」じゃなく
「わけっこ」よ。


こんな時はね、おにぎりとおむすび作るのよ!
「おにぎり」はね「鬼を切る」からおにぎり。
「おむすび」はね、あらゆるものを「むすぶ」のよ。
真ん中に「梅干し」のせると日の丸みたいでしょ。
これはね、私たちの真ん中にお星様がうまってるしるしなの。
鬼ぎり、お結び、うめ星、、日本人のソウルフード!


神様のいじわる!なんて思っちゃいけないよ。
大変なことや、辛いことや、苦しいことがあったらね、
それは、神様が私たちにそれを乗り越える力がある!と
みとめてくれた証拠なんだよ。だから大丈夫。
宇宙が味方してくれてるからね。


海にさらわれるとどうなるの?
海の神様に抱かれてねむるとね、
産みの神様がいつかまたあの世からこの世に
命をつないでくれるんだよ。


守る命、救う命、捧げる命、
守られる命、救われる命、逃げて生き延びる命、
どれもみんな大事な命。
いいもわるいもないよ。
だってね、
守る命の喜びは守られる命。
救う命を奮い立たせるのは救われる命。
捧げる命の希望は生き延びてくれる命。
どれもみんな大事な命。
いいもわるいもないよ。
どんな命のあり方も、
批判なんかしないでね。
強制なんかしないでね。
ありのままでいいからね。


「どうしてお歌うたうと気持ち良くなるのかね〜?!」
「・・・ママ、音を食べるのよ!」
「えぇ!!なに!?音を食べるの ?!?!」
「そーよ、音を食べるのよ!(きっぱり!)」
「(驚)!そっか!音を食べるのか!!よ〜し!そいじゃ〜さ、
みんなお腹いっぱいになるようにお歌いっぱい歌おうね♪」


日本人はね、昔からわけっこが得意なんだよ、
日本語の「わたし」って言葉はね、
「お渡し」して「お和足し」してくってことなのよ。
「おわたし」の上手な「私」になろうね。

*****************************************************
この文章は、転送・転載、大歓迎です。おわたししたい人を想って、
変えた方がいい文章があったら、その方におわたししやすいように
変えてさしあげてください。いろんな人から教えてもらったことが、
少しでもみなさんの笑顔や涙のお役にたてますように…。m(__)m

そして、おわたし上手なみなさまが、過去にとらわれたり、
多くの未来を心配して思い悩んだりせず、「今、ここ」に生きている
幸せに満たされますように。
posted by いまここ at 02:17| 福島 | Comment(6) | しほレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。