2011年05月14日

こうしん日和♪


こんにちは!ご無沙汰してしまっております、井手(妻)です。

みなさんお元気ですか?
連休で少しはお休みになれましたか?
お心さまとお身体さま、いかがですか?

おかげさまで私たちも、相変わらず泣いたり笑ったり怒ったり慰めあったり、
慌ただしくもありがたい日々を過ごしております。(^^)

井手は毎日お仕事しながら、被災地への支援活動をより長期的に効果的に
進めていけるよう、さまざまなご縁の皆さまと顔をつきあわせて本音を話し、
知恵をいただき、共に歩んでいくお力添えを頂けるようお願いして回っております。

俺たちは、震災前に戻るんじゃない、前と同じものを取り戻そうとすると
絶望的になるが、そうじゃない。前よりももっといいものをつくるんだ。
これから100年も1000年も、7世代先の子供たちが幸せに暮らせるために
必要なものを築いていくんだ!だから何年もかけてみんなでやる価値があるんだ。
もう絶望してる暇ないな。絶望感すら味方につけてやるからな!
無力感も体験した。これもいつかきっと役に立つ時がくる。
人は共感して認めてもらえるとネガティブな感情すら分かちあって消化できるんだ。
人の闇すら分かち合えればもう怖いもんなんかないな。父ちゃんやるからな!
この世にはすごい人がいっぱいいる!日本にはとんでもない賢人が沢山いる!
有名な賢人も、人知れず尽くす名もなき賢人も、こんなに沢山いるんだ!!
みんなでやれば絶対できる!!絶対やる!今日もすごい人がいたぞ!
本気でいわきのコト考えて、本気で日本のこと考えて、やってる。
こうして善意でつながる輪をひとつひとつ真摯に紡いでいけばいいよな。
父ちゃんはお前らに東北の米も野菜も魚も食わしてもらえるように頑張るぞ!
って、お風呂に入りながら、もうすぐ一歳になる息子に、まるで男と男、
ここはひとつ裸のつきあいしましょうや!みたいな勢いで話かけてました。笑

なかなか思うように進まないことも多々ありますが、頭で計画するスピードと
心と身体をつかって動いていくスピードが違うのは、今に始まったことじゃ
ないですもんね(苦笑)あせっても仕方がないから、ひとつひとつやるの。
やらなきゃ!ってわかってるけど、全然身体がうごかないよ〜、、、って時は
温かくて身体にやさしいもの食べて、ほんの少しお休みしてもいいですよね。
だって、私たちがたった何十年かを生きて詰め込んだ知識や頭で考えることより、
何億年もかけて進化してきたおカラダさまの方がよっぽど賢いんだって
お産を経験してよくわかったんだもの。だから、お身体さまの言うことを
ちゃんと聞くと、あとから自分がおもうよりももっとすごいパワーが
出てくるんだと信じて待てばいいの。氣が熟すのを待つの。

一日一日状況が変化していく被災地とつながりながら暮らしている
今の私たちの合言葉は初心にかえって「明日は明日の風が吹く!」です。

振り返れば3月は「今がんばらなくて、いつがんばるんだ!」
「金はあとからついてくる!」って言い合いながら踏ん張って。

4月は、次々とおくられてくる支援物資や支援金にはげまされて、
被災地のみんなの笑顔とやさしさとタフさに支えられて、はぁ〜
「奇跡!と思うような不思議なことも、平凡と同じぐらい素敵だね」って。

5月に入ってGWにはいわきの両親や下田夫妻とも会え、長男の初節句の
お祝いに家族そろって明治神宮へお参りにも行きました。
色んなことがあるけれど、一年前は私のお腹の中にいたこの子が
こうしてニコニコ笑ったり泣いたりしながら逞しく成長している様を眺めて、
その弟を笑わそうとして「いないいないばー」ってしてる3歳の娘を眺めて、
あらためてわたしたちの命の神秘さに、尊さに、感じ入りました。
生かされているこの命に、つながった命のご縁のありがたさに、
感謝せずにはいられませんでした。

被災地を訪問した美智子さまが、避難所生活をよぎなくされている
お年寄りによりそって、こうお声掛けしていました。


「 お助かりくださって、どうもありがとうございます 」 


美智子様をまえに深々と頭をさげたおじいさんに、、、
同じ目線になるようにひざをついておじぎをしながら、

「 お助かりくださって、どうもありがとうございます 」 

と。
涙があふれてとまりませんでした。

日本の母上様からおわたしされた言葉を、皆さまにもお渡しいたします。

「お助かりくださって、どうもありがとうございます。」

「生きていてくださって、どうもありがとうございます。」

被災されたみなさんも、
そのご家族やお知り合いの方も、
そしてこの様を目の当たりにしている日本中のみなさんへ、
世界中のみなさんへ。

「今日も生きていてくださって、どうもありがとうございます」

「今日もいのちをつないでくださって、どうもありがとうございます」

私たちひとりひとりが、それぞれの場所でそれぞれの今を生きている、
本当はただそれだけで、私たちはお互いに感謝しあっている存在なのだと、
思いました。私たちはこんなにもつながっているのだと、わかりました。

こうしてお茶碗一杯のあったかいごはんを食べれるのも、
このお米をつくってくださったお百姓さま、
このお米を運んでくださった運送会社の方、
このお米を売ってくださったお米屋さん、
このお米をはかる軽量カップをつくってくださった方、
このお米を洗うのにつかうボールやザルをつくってくださった方、
このお米を炊くのにつかうお鍋をつくって下さった方、
このお米を炊くのにつかうお水を通してくださった方、
このお米を炊くのにつかうお塩をつくってくださった方、
このお米を炊くのにつかうガスや電気を届けてくださった方、
炊いたごはんをわけるのにつかうしゃもじをつくって下さった方、
炊いたご飯をもるのにつかうお茶碗をつくってくださった方、
炊いたご飯をいただくのにつかうお箸をつくってくださった方、
そしてそれらすべてを作るための資源を無償で与えてくださっている
自然の恵みに、地球に、太陽に、お月さまに、、
そう思ったら、お茶碗にもられたごはんが、
キラキラひかる光の粒にみえてきて、、、
またもや涙がじょわ〜って溢れて、
ぽろっぽろ ぽろっぽろ。。。

どうかこのあふれでる感謝が皆さまのもとにとどきますように。。。

今日はそよ風とやさしい光が気持ち良くて、みなさまへの感謝を
おつたえするのに絶好の日だなぁと。自然とパソコンにむかえました(^^)
こんなふうに、ご縁のあるみなさまと交信して、共に行進していけるように、
これからもブログ更新いたしま〜す!!、、、なんちゃって(^^;)>

m(_ _)m
posted by いまここ at 15:46| 福島 ☁| Comment(1) | しほレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は井手さんとお会いでき
本当に感動しました!
まさか、会えるとは…(^v^)

想像していたより、ずっと素敵な方で
びっくりしました!

私達は「生きていた」。
だから、そのことについて
もっと、向き合わなければならないと
思っています。

本当は投げ出したいことばかりだし、
知らんぷりしたいことも沢山あるけれど、
生きているかぎり、そういう風にばかりは
いってられないと思うんです。

だから、私も井手さんの言うように
今を前よりもずっとずっとバージョンアップしていこう!と決心して、
ちょっとずつ、できることから始めています(^v^)

これからも宜しくお願い致します!

Posted by 平工業高校体育館より!(^^)! at 2011年05月17日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。