2011年04月24日

移動開始!&草野小学校

こんにちは。

いまココの井手です。

現地ボランティアリーダーの加藤さんより先ほど入った情報です。

仮設住宅への移動が今日から開始されました。

すでに3組のご家族が移動されているそうです。
これまで一ヶ月半に渡り、苦楽を共にされた仲間との別れは
さすがに胸にくるものがあって、涙ながらにお別れされたそうです。

本当にお疲れさまでした。これから新しい生活が始まりますね。

また今回ボランティアで野菜を運んで頂いた下村さん(ともう1人
ご一緒の方)ありがとうございました。

今回は、そんな前向きな空気に満ちて来たヘイコーの空気を
漂わせながら、他の避難所の情報をお伝え致します。

まず、先のレポートでもお伝えしましたが、ヘイコーから
8kmほど離れた草野小学校の話(4/17〜昨日)です。

http://eduon.jp/school/primary/福島県/いわき市/5582/map

草野小学校には現在60〜80才の方が7割以上を占める高齢者の方が
多い避難所です。 そのほとんどが家が全壊(流された)、もしくは
半壊の状態で、避難された方達です。

ここに1人の女子高校生がいます。

名前やそのいきさつは伏せておきますが、彼女は今色んなものが
なくて困っていました。

レインコートゲット!01.jpg
そのとなりはいっしょにいるいとこだそうです(一児のママ)。

主なものは、学校が始まったためその最優先としてあがったのが勉強道具
でした。

その他、自転車、目覚まし時計、携帯の充電器、下着、洗面道具、
細かく言うとキリがありませんが、要するに普通の高校生が
普段の生活を始めるにあたり、必要なものがまるで無い
という状態でした。

その対応を誰に頼んだら良いのか、彼女は今までずっと分からずに
黙っていたようで、僕がヒアリングに行った時、ぽつりぽつりと
はにかみながら、必要なものを話してくれました。

とりあえず、義援物資と義援金の一部より、彼女には目覚まし時計
と後程学習道具、その他下着関係を送らせて頂きました。

また、彼女と一緒に避難しているおばあちゃんも目が悪く、体育館にある
時計は遠くにあるので、よく見えなくて今何時かも分からないので、安い
ので良いから腕時計が欲しいとの事で、これも義援金の一部より手配させて
頂きました。

皆さんから託された義援金をこのような形で使わせていただいております。
より多くの方にとか、みなさんに平等に、とか言い始めるとどうしていいのか
わからなくなるので、このようにご縁のある皆さんのために、ひとつひとつ
本当に必要とされているものをお届けするというスタイルで使っています。
この使い方でよいか皆さんお一人お一人にご了承いただくことはできませんが、
被災地の皆さんに喜んで頂いた事は確かで、どうかご了承頂ければ幸いです。


また、雨が不安という事で、傘&合羽もその場で用意し、傘に関しては
全員分を手配出来るよう要請しました。

自転車は、幸いにも市から貸し出し可能な自転車を、ボランティア
の中島さんが手配してくれたので、なんとかなりました。

彼女が今後楽しい学校生活をおくれるよう願ってやみません。

後日彼女から、皆さんへよろしくお伝え下さい、との感謝メールを頂きました。
110423_212618.jpg
それといっしょに届いた写メで、おばあちゃんが腕時計をつけたの図

その他、小学校1年生の女の子にバックとノートを送らせて
頂きました。

バックとノートとソフト.jpg

やはり子供の笑顔は、そこにいる大人の心を和ませます。
いまこそ子供たちの笑顔が必要ですね。



あと、避難所の一角に一匹の犬がつながれていました。 

避難所の犬01.jpg

僕らが行くと泣き止んだのですが、それまでずっと鳴いていました。

いわき市に限らず、避難を余儀なくされた方の大半が、自分たちが
飼っていたペットをどうするか、という問題で頭を悩ませているという
話を聞きました。

この犬君は幸いにも避難所の方で面倒を見てもらってるようです。

最初にいわきに行った時に、僕もかなりの数の犬猫を沿岸部の道路
や家の近くにいるのを見かけました。 おそらく飼い主が首輪を
外されたのだと察しましたが、僕が近くで見た犬はレトリバーぽかった
のですが、とても痩せており、僕が近づくとしっぽをふりながら近づいて
来ました。 当座のえさは与えられても、この先この犬はどうして行くん
だろう、、こういうペットはいま東北地方には実はとても多いのでは?


そんな想いにふけりつつ、場所を四倉高校へと移動しました。
また後程ご報告します。

ありがとうございます!
posted by いまここ at 21:24| 福島 ☔| Comment(4) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事をみて
私も一人の娘をもつ親として
何かしてあげれないものか
と思いました。

でも、私も避難所にいる身なので
何もしてあげられないかもしれませんが…。
Posted by 平工業高校体育館より!(^^)! at 2011年04月25日 12:38
>平工業高校体育館さん

いろいろ書き込みありがとございます!

何もしてあげられないなんておっしゃらずに、是非今後一緒に盛り上げる何かをして行きましょう!
いま、ボランティアスタッフの大沢さんと、ビデオの上映会をヘイコーや草野小で出来たら、と話していますがこのアイデアいかがですか?

最初は大変で、いまも大変ですが、この活動を通して
色んな人に出会えて感謝しています。

今後、自分も活動を続けて行くつもりですが、もし良ければ、このブログを一緒に書き込みして頂けませんか?

アドレスを教えて頂いたら、カテゴリーを一個立ち上げますので、そちらを使って下さい。

もし可能な場合はこちらへ

ide@studiodu.com

よろしくお願いします。
Posted by 井手(管理人) at 2011年04月25日 22:07
コメントありがとうございます!
なんか、上記アドにおくっても
戻ってきてしまいます(T_T)
Posted by 平工業体育館より!(^^)! at 2011年04月26日 15:53
>平工業高校体育館さん

遅くなってすいません。

アドレスは以下でいかがでしょうか?

arotohikaru@mac.com

こちらへお願い致します。
Posted by 井手(管理人) at 2011年04月29日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。