2011年04月24日

ヘイコーは頑張ってます!

こんにちは。

いまココの井手です。

昨夜は雨がすごかったですね。

被災地も広範囲で雨の様子で、土砂災害とか心配です。
被災地で働いている方々、くれぐれもお怪我のないようお気をつけ下さいませ。

さて、今回はこれまでの報告になります。
いっぺんにやると長くなり「長いなぁ〜」とつぶやかれるので(笑)
幾つかにわけてご報告しますね。

まず、これまでずっと見守らせていただいた平工業高校(ヘイコー)に
関して、喜ぶべき情報が入りました!

まず、いわき市が仮設住宅及び新興住宅の提供をいよいよ開始するという事で
その抽選があり、早ければ今月中にもここの住民がそこに移れるかも!
(ボランティアグループのリーダーである加藤さん情報)
これまで様々な困難をがありました。一時は配給ストップ寸前!みたいな危機も
ありましたが、皆さんの力で困難をいま乗り越えつつあります。

それに、ヘイコーには力強い味方がつきました。
なんと、地元のお母ちゃん達が立ち上がり、炊き出しボランティアを
毎日(月〜金)でやってくれることになったのです!

働くおかあちゃん達01.jpg

おかあちゃん達が笑いながら楽しそうにご飯をどんどん作ってくれています。

地元おとうちゃん.jpg

それをお父ちゃん達が黙々とサポートしています


このなんとも言えない頼もしさは、なんと表現したらいいのでしょう。

先週は向こうで野菜が買えなかったので、送って頂いた命の野菜、買って
持って行った野菜もすべて余すところなく、みなさんのところにその日、
次の日のご飯として活用頂けました。

野菜満載です01.jpg

このおかあちゃん達の頑張りによって、現在ヘイコーは他の避難所への
炊き出しのサポートも出来る様になり、いわゆる給食センター的な役割
を担う事が出来る様になりました。
現在毎日行っているのは、ここから6kmほど離れたとこにある
草野(くさの)小学校です。

草野小の中.jpg

すいません、中の写真だけだとよくわからないですね。

ここは60歳以上のお年寄りが7割をしめる避難所で、現在50名ほど
がいらっしゃいます。

ここに地元ボランティアの疋田(ひきた)さんが毎日ヘイコーに通って
届けて下さってます。


そこで活躍しているのが、皆さんのお志で購入させて頂いたこのズンドウ
鍋&保温ジャー&保温ポット軍団です

保温ジャー第二段01.jpg

これ一台に最大6升のご飯が入ります(約80〜100人分)
ここにこちらで炊いた玄米を入れて行って、サーブしてもらってますが
最初は「玄米いきなり持って行って大丈夫かなぁ」と思っていたのですが
評判は上々です。 

保温ジャー01.jpg

一応名前を張っておかないと、どこのモノか分かんなくなっちゃうということで

保温ポット01.jpg

ここに、熱い番茶を入れておきます。けっこう持ちますね。

やかんも必要.jpg

ヤカンの必要性も大きいですね(これも3つ購入させて頂きました)
ストーブの上に置いておいて、湧いたらポットに移すか、そのままにして
加湿器代わりにするか。

購入したズンドウ01.jpg
 
ズンドウはいくらあっても足りないほど活躍しました。
ありがとうございました。今回我々の他に、ボランティアの中島さんにも
購入して頂き、お手伝いをして頂いています(中島さんありがとう!)

これらがあるおかげで、できたてのホカホカご飯とみそ汁を皆さんに
お届けすることができています。
改めて、感謝・感謝です。ありがとうございます。

次は、ヘイコーと草野小学校と四倉高校の人達のレポートをします。

ありがとうございます。
posted by いまここ at 10:52| 福島 ☁| Comment(1) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も温かいご飯ありがとうございます!

焼き魚とっても美味しかったです(^v^)

皆さんが陰ながらこうやって作って
下さっていることに感謝です。
Posted by 平工業高校体育館より!(^^)! at 2011年04月25日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。