2011年04月02日

イベント出演してきました

こんばんは。

いまココの井手です。

先ほど渋谷エイジアで開かれている『MADSKIPPERS@club asia』
に出演してきました。

出演と言っても、ただ皆さんの前で話をさせて頂いただけ
なんですが、なんかキンチョーしてうまく話せなかった。。
だめですね。 元々裏方気質なせいか、人前で話すのはね〜。。

CA3C03590001.jpg


でも、いわきが大変な状況である事だけは伝えられたと思います。

この企画プロデュースのツヨシちゃん、ありがとう!
つなげてくれたVJのTOOWAUちゃん、ありがとう!
オーガナイザーの鈴木さん、ありがとう!

そして、遠い海の向こうから縁をつなげてくれたTETSUありがとう!


でも不思議だったのは、あの大音量の感じがとても
心地よく感じられた事。 知っていたけど、何かが
似ていると思ったのは、実は地震の時に感じた地響きでした。

空気が震える感じとか、震動とか、感じる衝撃が
なんか似ている気がしました。

しかし、ここでの音の方が遥かに心地よいのは言うまでもないです。

世の中自粛ムードが漂っていますが、内観するという意味での
自粛はタイミング的に必要な時もありますが、本来人間は
楽しむ事をその本能として持っているはずです。

それは色んな楽しみ方あると思いますが、今回参加して
クラブイベントが純粋に楽しい(音や映像が)モノだと
改めて実感出来た部分がありました。 僕ですらそう思える
のですから、ましてや20代の力を持て余した若者達は
もっと遥かにその感情を内に秘めているはずです。

現場に行って分かった事。それはサバイバルする為のライフライン
の確保は絶対必要だけど、その後のメンタル面でのケアも
極めて大事です。

特に若者の割り切れない感情やエネルギーをどこかで消費
させる仕組みはいつの時代でもありました。
こういうイベントが、その中でターゲットとしてはある程度
限定されるかもしれませんが、そのパッションを満たすもの
だとしたら、それはそれで必要なハード&ソフトなのでは?


今後こういうイベントの力も被災地の若い人の
エナジーの発散する場所として必要だと感じました。
posted by いまここ at 05:54| 福島 | Comment(2) | マイノリティ・リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。先日は、madskippersでスピーチをきかせていただいたものです。
toowaくんのFacebookのリンクからこのブログを読ませていただきました。
微力ではありますが、なにか物資で必要とされているものはありますか?
これを送ってほしい、というものがあれば、私のできる範囲でしかありませんが、協力させてください。または、義援金の方が望ましいのであれば、そちらでもかまいません。メールアドレスに連絡をいただけることをおまちしています。
Posted by naomi at 2011年04月04日 05:53
>naomiさん

ありがとうございます!

naomiさんの気持ちすごくありがたいし、その波動は
必ず被災地の方々に届いています。

いま被災地の方々は、とにかく生き延びるんだ!という第一段階から、なんとか生き延びたので、もっと生きる為の
方法を模索されています。その活動を手伝う事は、同じ時代に生きている僕らがやらなければならない事だと個人的に思っています。

naomiさんの気持ちを慎んでお受け致します。

現時点で必要な物資は色々ありますが、現在自分が必要と感じているものは、日常生活で必要なハードウェア(冷蔵庫、調理道具一式、TV等)です。

これらを購入し、届ける為にはモノよりもお金になるかと思います。

お手数おかけしますが、下記過去ログをご覧下さいませ。よろしくおねがいします!

http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=192415370
Posted by 井手(管理人) at 2011年04月06日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。