2011年04月02日

21日とおわたし

みなさん、こんばんわ。 いまココの井手の妻です。

この度は沢山の皆様にご支援いただいて、想いをいただいて、
本当にどうもありがとうございます。
こんなふうに言葉にしてしまうのがもったいないくらい、
ふかくふかく、、、感謝いたしております。

4/1の22時過ぎに被災地いわき市の沿岸部にいる父から、

やっと水道が回復しました。
これほど水が大切だと思ったことはありません。
今後もこの気持ちをもち続けようと思います。
ありがとう、ありがとう。

と連絡がはいりました。

311の地震と津波から21日目。
いわき市の中でも被害の酷かった沿岸部でかろうじて家がのこった部落にも、
やっと電気、ガス、水道のライフラインが復旧しはじめました。
10日前の時点では、水道は4月末復旧のメドときいておりましたので、
いわき市にも人が戻り始め、みなさんが全力で頑張ってくださっている
のだと痛感いたしました。本当にご苦労さまです。ありがとうございます。
そして、残り30%弱の断水地区にも一日もはやく水が戻りますように…。

ライフライン…
文字どうり「命の綱」
今の私達にとってはあまりにも当たり前だったこの命綱を
ある日突然たたれてから今日までの3週間を振り返ると、
まるで映画の中にでも生きている様な日々でした。

大切な人を失ってしまうかもしれない恐怖…
とりかえしのつかないことになってしまうかもしれない恐怖…
余震の続く日々…
母校や親戚や友人の家がなくなってしまった…
現地ではライフラインをたたれ、食料もガソリンも底をついて…
東京ですらガソリンも保存食も手にはいらない…
親友とその家族がいわきで窮地にたたされている…
人々が原発の恐怖に逃げまどう地へ父と夫を送り出すとは…

今ふりかえれば、心臓がいくつあっても足りない様な
非日常の時間を過ごしてきた日々でしたが、
そんな中で0才と3才の子供に話しかけながら
何度も何度も自分に言い聞かせていた言葉たちを
皆様にお贈りいたします。感謝と祈りをこめて…


*****************************************************

だいじょうぶ
だいじょうぶ


「とりっこ」じゃなく
「わけっこ」よ。


こんな時はね、おにぎりとおむすび作るのよ!
「おにぎり」はね「鬼を切る」からおにぎり。
「おむすび」はね、あらゆるものを「むすぶ」のよ。
真ん中に「梅干し」のせると日の丸みたいでしょ。
これはね、私たちの真ん中にお星様がうまってるしるしなの。
鬼ぎり、お結び、うめ星、、日本人のソウルフード!


神様のいじわる!なんて思っちゃいけないよ。
大変なことや、辛いことや、苦しいことがあったらね、
それは、神様が私たちにそれを乗り越える力がある!と
みとめてくれた証拠なんだよ。だから大丈夫。
宇宙が味方してくれてるからね。


海にさらわれるとどうなるの?
海の神様に抱かれてねむるとね、
産みの神様がいつかまたあの世からこの世に
命をつないでくれるんだよ。


守る命、救う命、捧げる命、
守られる命、救われる命、逃げて生き延びる命、
どれもみんな大事な命。
いいもわるいもないよ。
だってね、
守る命の喜びは守られる命。
救う命を奮い立たせるのは救われる命。
捧げる命の希望は生き延びてくれる命。
どれもみんな大事な命。
いいもわるいもないよ。
どんな命のあり方も、
批判なんかしないでね。
強制なんかしないでね。
ありのままでいいからね。


「どうしてお歌うたうと気持ち良くなるのかね〜?!」
「・・・ママ、音を食べるのよ!」
「えぇ!!なに!?音を食べるの ?!?!」
「そーよ、音を食べるのよ!(きっぱり!)」
「(驚)!そっか!音を食べるのか!!よ〜し!そいじゃ〜さ、
みんなお腹いっぱいになるようにお歌いっぱい歌おうね♪」


日本人はね、昔からわけっこが得意なんだよ、
日本語の「わたし」って言葉はね、
「お渡し」して「お和足し」してくってことなのよ。
「おわたし」の上手な「私」になろうね。

*****************************************************
この文章は、転送・転載、大歓迎です。おわたししたい人を想って、
変えた方がいい文章があったら、その方におわたししやすいように
変えてさしあげてください。いろんな人から教えてもらったことが、
少しでもみなさんの笑顔や涙のお役にたてますように…。m(__)m

そして、おわたし上手なみなさまが、過去にとらわれたり、
多くの未来を心配して思い悩んだりせず、「今、ここ」に生きている
幸せに満たされますように。
posted by いまここ at 02:17| 福島 | Comment(6) | しほレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
みなかさんを通じて救援物資を少々届けた者です。この記事をよんで、じーんときました。
井出さん、素晴らしいです!

私も幼児教育者を目指しているのですが、そういう気持ちで子どもに接していこうと思います。

ありがとう。これからもまたたくさん発信してください。
Posted by ゆう at 2011年04月04日 19:37
しほさん、こんにちは。ずいぶん前に代々木マーケット(?)でお会いした愛甲悦子です。大沢さんの友人(近所で仕事は映画美術)です。レポートもさることながらみなさんの実行力に感服しております。おにぎりとおむすび、音を食べる!!素敵ですね。私も2歳児の子持ちですが、お手伝いできることあれば、ぜひと思っております。http://twitter.com/#!/etaiko
Posted by 愛甲悦子 at 2011年04月06日 13:06
井出さん、昨日は被災地での貴重なお話しをありがとうございました。お忙しいところ、また奥様、お子様を待たせての中、本当にありがとうございました。名刺をお渡しできませんでしたが、ホメオパシーの学校・会社をやっております。奥様のすばらしい詩を弊社のブログにも掲載させてください。「おむすび」は作る者と食べる者を結び、「おにぎり」はそれを通して手を握っているようにも思います。昨日で縁は結ばれた(と思っております)ので、手を握って新しい時代を作っていきたいです。どうぞ、よろしくお願いします。
Posted by 今井 美香子 at 2011年04月08日 10:26
>ゆうさん
はじめまして、この度は本当にありがとうございます。
ミナカさん達から送られてきた段ボール18箱にどれだけ励まされたことか!
皆さんのおかげで被災地の方だけでなく、私達も勇気と元気をいただきました♪

>愛甲さん
ご無沙汰しております!いつもありがとうございます。
ぜひ皆さんの母の手が必要なときは、お声をかけさせていただきますね(^^)
またお会いできるのを楽しみにいたしております♪

>今井さん
「おにぎり☆お握り♪」はぁ〜素敵です(T^T)嬉涙!
私達ひとりひとりの中にある鬼さんとは手を切るのではなく、
手を握って仲良しこよし♪がいいですね。
あぁ、こんなやさしい気持ち…どうもありがとうございます!
こんなみなさんとの素敵なご縁に心から感謝いたします(嬉涙)
Posted by 井手(妻) at 2011年04月10日 02:06
先日は お電話いただきまして、ありがとうございました。お話うかがいながら 私の心まで洗い清められるような良い機会でした。良いご縁に導かれて、思いがけず うちのお米がお役に立てていただけたと知り、感無量です。ブログも拝見しました。知恵を絞られて、人の輪も広げられて、行動も伴われていて…圧巻です。これから先、私たちも皆さんの活動のすそ野に組み入れていただければ幸いです。 「だいじょうぶ」の詩、噛みしめるように何度も読みました。これから 子ども達始め沢山の友人にも紹介させてもらいますね。 今回の御縁に導いていただいた磯貝さんから送られた詩を転送します。 これ もしかして井出さんの詩だったりして…!?って思っちゃいました。それほど 優しい気持ちが似てるんだけど。
*************

『福島第一原発さんへ』

ごめんなさい

あなたのことを
「やっぱり原発をつくるから」
「老朽化してたのに」
と否定し怖いものと
とらえました

原子力発電所が日本国内に50基以上も出来ていたのに反対もせず…

あなたのおかげで
食事をつくり
お風呂をわかし
TVをみて

学校に行って
仕事をして

お友達と遊んで
電車にのって
旅行できて

生活が楽しくできていたのに

地面が揺れて
海がやってきて
あなたも怖かったのに
「いうことをきかない子はいらない」
「もう役にたたないものはいらない」
とあなたを責めてしまった

あなただって生きている
生み出したのは私達

ふるえて痛いよ
と泣いている

恐がらせてしまったと
泣いている

ごめんね

今まで楽しく
生活できていたのは
あなたのおかげなのに

ありがとう
ありがとう

あなたはじゅうぶん
働きました

だいじょうぶ
ゆっくり静かに休んで
ください

だいじょうぶ
ごめんね
いつもよくやってくれたね

あなたに感謝する
多くの人がいます

どうか多くの人々の祈りを受け取って下さい


感謝をこめて

*************
いつもアースデー朝市で一緒でも、今回さらに 御縁深まって、運命的なものを感じています。秋にもまたお米が届けられるように、しっかり足元から努めたいと思います。これからも よろしくお願いします。
自然村 たなごころ〜掌〜 岡野農場
             岡野 哲也&やよい
Posted by 岡野 やよい at 2011年04月14日 18:09
のぼりとゆうえん隊の岩見です。大沢さんの友人の長谷山さんの紹介です。井出さんのお話も岡野さんのお話も、久しぶりに感動しました。誠に有り難うございました。
Posted by 岩見史郎 at 2011年04月18日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。